2006年10月12日

モンスター/二足タイプ






インプ


【インプ】(いんぷ)

体の小さな人型モンスター。
外見からは想像できない程の攻撃力をもち、3打なので捕まると苦しくなる。
高い攻撃力に加えて、ライトニングボルトまで使う。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【賢いインプ】(かしこいいんぷ)

バリダンジョン稀に出現する小人の様なモンスター。
インプより賢いらしく、円周率を喋ったりする。
通常のインプよりも生命力が数段低く、コチラが攻撃しても反撃してこない。
金貨も通常の何倍も落としてくれる。
提供:マチャ彦さん




ゴブリン


【ゴブリン】(ごぶりん)

キアダンジョンに多く出現する、亜人系モンスター。
1体1属性を持ち、アイスカウンターが安定する。
ライフも少々低めで倒しやすいのだが、高めの攻撃力を持つので注意。
よくゴブリンアーチャーと混合で出現するので、乱戦になると厄介になる。
安い革、りんごをよく落としてくれる。
提供:レヴァリエさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ゴブリンアーチャー】(ごぶりんあーちゃー)

弓持を持ったゴブリン通称ゴブアチャ。
矢を放ってくる上に複数ターゲットなので、コレを嫌うプレイヤーは多い。
ポイズンゴブリンやゴブリンがお友達でよく一緒に登場する。
対処としては、「!!」が出たあとに攻撃を当てると素手で
殴りかかってくるので、ディフェンス→アタックでOK。
複数に狙われたときは・・・がんばれ!
提供:kitoriさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ポイズンゴブリン】(ぽいずんごぶりん)

キアダンジョン、バリダンジョンなどに主に出現する、紫色のゴブリン。
めぼしい強化はされてはいないが、1対1属性がない。
また、ゴブリンアーチャーとの混合が常となり、一体ずつ地道に
数を減らすか、迅速に始末する必要がある。
何故か名前の割には毒攻撃はしてこない・・・
提供:レヴァリエさん




コボルド


【コボルド】(こぼるど)

マスダンジョンに主に登場する亜人系モンスター。
ゴブリンと似ており、攻撃力が高くライフは低い。
コボルドの中では比較的楽に相手にできるモンスターだが、ポイズンコボルド、
コボルドアーチャーなどと共に出現すると厄介な相手になるだろう。
提供:レブァリエさん・吉野瀬理さん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【コボルドアーチャー】(こぼるどあーちゃー)

弓を持ったコボルトで、マスダンジョンに多く出現する。
1対1属性を持っていないため、交戦中でも容赦なく攻撃してくる厄介な敵。
コボルドとの混合出現もあり、無傷で抜け出することは難しいかもしれない。
閉じ込め部屋では冷静な判断と対処が重要となる。
提供:レブァリエさん




ラットマン


【ラットマン】(らっとまん)

キアダンジョンに多く出現する、亜人系モンスター。
人語を話すが、言葉とは裏腹なフェイントを使ってくるので注意が必要。
1度に多数出現するが、1対1属性を持っているので冷静に戦うことができる。
ウィンドミルも使用するので周りを考えながら戦わなければならない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ブルーラットマン】(ぶるーらっとまん)

キアダンジョンに出現するラットマンの一種。
通常のラットマンに比べ生命力が少ないものの、攻撃力が強化されている。
混合、複数で出現する事が多く、模索範囲内であれば複数だろうが攻撃してくるので
生命力が少ないからと無闇に突っ込むのは危険。
提供:匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ダークラットマン】

キアダンジョンに出現するラットマンの一種。
通常のラットマンよりも全体的に能力が上昇している。
攻撃力が高く、ライトニングボルトも使う。
ライトニングボルトは詠唱速度が早く、ダメージ量も高いため注意が必要。
撃破時に落とすアイテムは、プレイヤーにとってゴミと言われる様な物しか落とさない。
まあラットマンってネズミだしね。




ベアウルフ


【ベアウルフ】(べあうるふ)

獣人の亜人系モンスター。
バリ、フィアード、コイル、アルベイなどのダンジョンに出現する。
近接攻撃スキルの他、パッシブディフェンスのヘビースタンダーを持つ。
ダウンは取れないが、中距離でのアイスボルトからのカウンターで安定する。
アタックさえ容易に仕掛けなければ問題なく倒せる敵だが、好戦的なので
仕掛ける際に起こりやすい重複ターゲットに注意。
提供:レヴァリエさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【灰色ベアウルフ】(はいいろべあうるふ)

アルビダンジョンに出現するベアウルフの一種。
1対1での戦闘に通常のベアウルフとの違いはさほど感じられないが、複数ターゲットを
持っており策敵範囲も広めなため注意が必要。
厄介なモンスターだが獲得経験値が多いのが救いか・・

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【青ベアウルフ】(あおべあうるふ)

フィアードダンジョンに出現するベアウルフの一種。
戦闘スタイル、戦闘能力は灰色ベアウルフとほぼ同じ。
1対1属性がないうえに群れで出現することが多いので、戦闘時には場所取りが大事。
出ると厄介だが、やはり経験値が高いからか人気が無いわけではない。




サハギン


【ロストサハギン】(ろすとさはぎん)

バリダンジョンにでる亜人系モンスター。
背中に爆弾を抱えており、ある程度ダメージを受けると自ら爆発する。
爆発する前に倒したとしても、倒した衝撃で爆発する危険なモンスター。
だが、その爆発をうまく使い周りの敵へダメージを与えることもできる。




ガーゴイル


【ライトガーゴイル】(らいとがーごいる)

アルベイダンジョンに出現するモンスター。
攻撃力、体力がとても高く、動きが素早い。
ディフェンス、スマッシュ、魔法も使ってくるので、対応が遅れると危険。
複数ターゲットが無いのが救いか・・
提供:メルディさん




ゾンビ


【ゾンビ】(ぞんび)

ティルナノイの墓場に彷徨っているモンスター。
あらゆるパッシブディフェンスを持つため、真正面からの戦闘は危険。
動きが遅いためウィンドミルを繰り返すか、2人1組になりIBとスマッシュでの攻略
が一般的。
提供:匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【グール】(ぐーる)

ペッカダンジョンに現れるゾンビの一種。
生命力、防御力が高く1人だと持久戦を強いられる。
吹き飛ばし地点にプライヤーがいるとウィンドミルを使用するため、乱戦の多い
ペッカダンジョンでは周りにも気を使いながら戦闘しなければならない。
提供:匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ホローナイト】(ほろーないと)

ペッカダンジョン、夜の図書館に「怖い図書館の通行証」を持って行くと出現する敵。
様々な武器を何度も持ち替える落ち着きの無さと上位ランクの硬さで有名である。
アイスボルトからのカウンターで倒すことはできるが、アローリボルバーには注意。
登場初期の頃に「虚」と命名。
提供:匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ワイト】(わいと)

ペッカダンジョンで現れる人型のモンスター。
特殊な体付きで接近戦でのダメージを全く受け付けない。
攻撃面でもチェーンキャスティングで魔法を多用する強敵。
ジリジリと間合いを詰めて来る姿に恐怖を覚えるプレイヤーも多いだろう。




スケルトン


【スケルトン】(すけるとん)

かつての戦争でポウォール(魔物)と戦った戦士達の成れの果て。
主にラビダンジョン、ドラゴン遺跡発掘場に出現する。
基本的な戦闘スキルを持つが、魔法スキルは一切使って来ない。
高い攻撃力を持つが、1対1属性を持ち、アイスボルト→カウンターでの連携が効くため、
ミスさえなければ返って安全な存在。
ダンジョン内ではレアモンスターとしてチビスケルトンが稀に登場する。
提供:レヴァリエさん・匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【スケルトン(鎧)】(すけるとん)

ラビ下級、アルベイダンジョンなどに登場する、鎧を着たスケルトン。
名前の表記は変わっていないが、少々強化されている。
ヘビースタンダーを持っているため、無闇にアタックを仕掛けるのは注意が必要。
提供:レヴァリエさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【レッドスケルトン】(れっどすけるとん)

その名の通り、血に染まったような赤いスケルトン。
基本スケルトンと同じだが、レンジアタックを習得しており、距離を取り過ぎたりすると弓に持ち替えて攻撃をしてくる。
弓に切り替えてからでもアイスボルトで対処できるため、さほど脅威ではない。
スケルトンより少し強化されているものの、スケルトンを安定して倒せるのなら苦戦はしないはず。
提供:レヴァリエさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【メタルスケルトン】(めたるすけるとん)

ラビダンジョンで主に戦うことになるスケルトン系のモンスター。
キアダンジョンのボスの取り巻きとしても出現する。
ウインドミルを習得しているものの、基本はレッドスケルトンと同じ。
ウインドミルは吹き飛ばした際に近くにいなければ使われないので、
スケルトン系が安定して倒せるのなら特に問題はない。
スケルトンに比べてタフにはなっているが、そこまで脅威ではない。
メタスケと略されることも。
提供:レヴァリエさん




ボス


【アルゴス】(あるごす)

複数の目を持つ巨人モンスター。
フィアードダンジョンの途中やボスとして出てくる。
複数のパッシブディフェンスを持ち、強力な1打攻撃と広範囲
ストンプを駆使する。
さらに索敵範囲が広く複数同時に迫ってくる事がある為、配置によっては
なす術もなくやられることも・・
提供:ワンピの少女さん・匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【オーガ戦士】(おーがせんし)

バリダンジョンのボスモンスター。
ゴーレム並みのHP、ストンプに加え、高い攻撃力で二連打という
高い能力である。
ゴーレムにはないヘビースタンダーを持つのも特徴。
ファイヤーボルトからのカウンターが攻略の基本か。
提供:Marmさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ゴーレム】(ごーれむ)

キアダンジョンの通常、下級、中級のボス。
腕を頭上に振り上げ地面を叩き範囲攻撃をする「ストンプ」という技を持つ。
ゴーレムは攻撃力が高く、まともに食らうと致命傷に・・
もっともポピュラーな対処法はファイヤーボルトからのカウンターである。
提供:メルディさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ゴーレム(極小)】(ごーれむ)

キアダンジョンの上級に出現するボスモンスター。
通常のゴーレムと同じように見えるが、その性質は全く異なる。
攻撃を与えると、ポイズンスケルトン兵士やメタルスケルトン
バードスケルトンを召喚する。
さらに、3打攻撃、テレポーテーションを使用してくるため注意が必要。
また通常のゴーレムよりも動きが読みづらい。
提供:天上天下さん・匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【スモールゴーレム】(すもーるごーれむ)

フィアードダンジョンのボスルームに登場する小さいゴーレム。
始めは小さいが、残りの体力が少なくなると巨大化する。
基本的にはゴーレムと大差ないが、巨大化した直後のみに生じる
間合いの変化には注意。
戦い方によっては巨大化を阻止できるが、無理に小さいまま倒す必要はない。
なお、フィアード中級(1人用)でもスモールゴーレムがボスになるが
こちらは少し強化されている。
提供:レヴァリエさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【サキュバス】(さきゅばす)

淫魔、人を魅了し精気を吸う悪魔。
ラビダンジョンのボス部屋を1人で開けたときに現れる人型のモンスター。
フェイントや多様な動きで翻弄し、ボルト魔法と負傷率の高い3打攻撃で
プレイヤーを仕留める。
レアアイテム、サンダー4ページや貴重な型紙の為に人気の衰えない
ボスである。
提供:ワンピの少女さん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ジャイアントインプ】(じゃいあんといんぷ)

フィアードダンジョンのボスモンスター。
通常のインプとは比べ物にならないほど体が大きい。
攻撃力がとても高く、高ダメージのライトニングボルトを使用する。
ウィンドミルでダウンさせると必ずライトニングを使用する特徴がある。
高額で取引されているファイアボールのページを落とす。
提供:ワンピの少女さん・匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【セイレーン】(セイレーン)

楽器の音色や歌で人を惑わす、ルンダセイレーンダンジョンの人型ボス。
プレイヤーが戦闘態勢を取らないと攻撃してこないが、1発でも攻撃を
当てると複数のサハギンを召還する。
フェイントを用いた戦術と、チェーンキャスティングのサンダーを放つ
手ごわさ。
スマッシュでクリティカルを出すと、仮面を落とし凶暴化&弱体化する。
提供:ワンピの少女さん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【デミリッチ】(でみりっち)

ペッカダンジョンのボスルームに構えるボス。
特殊スキルのサモンモンスターで、ペッカダンジョンの全滅要因と
恐れられるゴーストを召喚。
また、パッシブディフェンスを持つ反則的な強敵。
普通に戦っていたのではダメージを与えられず、「ゴーストソード」
というものが攻略の鍵となる。
ある程度ゴーストソードが用意できたら、一気にたたみ掛けるのが得策か
提供:レヴァリエさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【盗賊ゴブリン】(とうぞくごぶりん)

ダンバートン近郊に出現するフィールドボス。
攻撃力や生命力が高く、パッシブディフェンスも所持する。
1体相手にするだけでも長期戦になるであろうが、1対1属性がなく
ゴブリンと名前だけで軽く見ては、痛い目に合うことは間違いない。
戦闘中に言う、独特の台詞は必見。
提供:レブァリエさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ナイトメアヒューマノイド】(ないとめあひゅーまのいど)

アルベイダンジョンで、あるアイテムをささげた時に生成される
特殊ダンジョンのボス。
特定の攻撃を無効化するスキル「チェンジナイト」を持ち
力強い攻撃を繰り出す。
ごくまれにレアな装備やFBLのページを落とす。
提供:ワンピの少女さん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【バンシー】(ばんしー)

ペッカ下級ダンジョンのボスルームに構える女性ボスモンスター。
ヘルキャットの大群を従え、通常攻撃で石化する能力をもっている。
通常打撃ではダメージは1しか与えられず、「ゴーストソード」が
無ければ高いダメージを与えられない。
また、サモンモンスターの能力も持ち、ゴーストを召還する。
召還したゴーストはアンサンブル効果を保有するため、注意。
提供:匿名

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ブラックウィザード】(ぶらっくうぃざーど)

黒いローブを着た、人型のポウォール(魔族)の魔道師。
特殊ダンジョンの他、ガイレフのフィールドボスとしても出現する。
魔法スキルを使うが、近接戦に持ちこめばアイスカウンターが安定するが、ウィスプを取り巻きに従えているため、懐に飛び込むのは少々危険。
ウィスプとの混戦には注意が必要。
提供:レヴァリエさん・Marmさん

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【ライカンスロープ】(らいかんすろーぷ)

ラビ下級ダンジョンなどで出現するボスモンスター。
闇雲にダメージを与えるだけだとレベルが上がり傷が回復するという
脅威の能力を持つ。
しかしウィンドミルには弱く、レベルが上がらないというのが大きな穴か。
提供:イヴィスティさん
posted by 琴音 at 00:59| モンスター/二足タイプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。